七五三はいつ?早生まれはどうするの?男女の違いはある?

子供の成長を祝う七五三
ほとんどの家庭で祝うと思います。
子供の成長は嬉しいですよね^^
ただ、七五三ってこんな疑問を浮かぶ人、多いと思うんですよ。

shichigosan 4 七五三はいつ?早生まれはどうするの?男女の違いはある?

自分の子供の七五三はいつ行えばいいの?

年齢は数え?それとも満年齢?

早生まれはいつなの?

男の子と女の子では何か違いがあるの?

 

とかね、あなたはどうですか?

そこで、今回はこれらの疑問に答え、
七五三がいつなのか?というところも紹介します!

 

七五三とは?

え~、まずは七五三の由来というか、
大まかな概要を説明しますね^^

そんなのいらないというのであればサクッと飛ばしてください(笑)

 

七五三はいつなのか?

はい、これ、11月15日にあります。

子供が3歳・5歳・7歳になった時に、
子供の無病息災を願ったり成長を祝う行事なんですね^^

 

おいおい、なんでわざわざ祝うんだよっ!?

子供のくせに、生意気よ!

 

って声もあるかと思うので、
そこんところも解説しますよ、ええ。

 

昔は今のように医療技術が進歩してなかったということもあり、
子供が病気などで亡くなるというのがすごく多かったんです。

そんな生きるのが大変な時代に無事に成長してくれた!

これからも元気に成長してくれぇぇぇ!

っていう願いを込めて祝っていたんですね。

親の愛ってやつです。うんうん。

 

元々は朝鮮や貴族の間でしかやっていませんでしたけど、
江戸時代には武家や金持ち商人も行うようになり、
明治時代には一般の庶民にまで広がるようになりました。

 

で、なんで11月15日なのかというと、

5代将軍の子供の徳松を祝った日付が11月15日だったから。

旧暦の11月15日が秋の収穫を祝う日だったから。

など、由来は諸説あります。

 

年齢は?数え方はどうするの?

子供の年齢の数え方は2つあります

数え年で数えるか、
満年齢で数えるかです。

 

数え年は生まれた年を1歳として数え、
元日を迎えるたびに年齢を加えていきます。

なので、12月31日生まれの子は、
生まれたその日は1歳として数えるけど、
翌日の元日には2歳ということになります。

生後2日で2歳は早いですね(笑)

 

満年齢はわかりますよね?

誕生日が来たら年齢を加えていくやつで、
まぁ、普通に数えるって考えればいいかと^^

 

で、男女による違いというのが一応あります。

男の子の場合は、祝うのは数えで3歳と5歳。

女の子の場合は、数えで3歳と7歳です。

 

ただこれ、地域によって多少異なり、
現在は数えではなく満年齢でやるのも一般的で、
男女の年齢の違いも関係なく祝う場合もあります。

そもそも七五三という年齢を無視して年齢にこだわらないで、
兄弟で一斉に済ますということもあります。

 

はい、これを踏まえてお待ちかね、
早生まれの子供はいつなのか?

これまでの説明から予想できるもしれませんが、
早生まれの場合、数えでも満年齢でも構いません。

なので、都合の良い日に合わせるといいでしょう^^

 

ただ、早生まれの子供って、
そうじゃない他の子よりまだまだ小さいですよね?

数えで3歳を祝うとすると、
満年齢ではまだ2歳ということになります。

小さいうちは写真館とか神社へ行くの大変なのでは?

って思うわけですよ。
まぁ、満3歳でも大変かと思いますけど・・・

そういう面も考えたうえで、
判断されることをおススメします^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す