秋の七草の時期と由来とは!?&覚え方!

秋の七草というのがあるというのをご存知ですか?
春の七草はよく聞きますけど、秋にもあるみたいです。
で、この秋の七草なんですけど、
春と違って七草粥というのはないんです!

akinonanakusa 1 秋の七草の時期と由来とは!?&覚え方!

秋は主に観賞用で、
食べることはないそうです。

なんでだろ?
マズイんですかね(笑)

 

今回はそんな秋の七草について、
秋の七草の種類、時期、由来、覚え方、歌など、
そこらへんをズバッと紹介します!

秋だけに、飽きずに最後まで読んでね^^

はい、そこ!

×ボタン押してページ閉じない(笑)

 

秋の七草とは

秋の七草にはどんな花、植物があるのか?

画像も交えて紹介します!

 

萩(ハギ)

桔梗(キキョウ)

藤袴(フジバカマ)

女郎花(オミナエシ)

尾花(オバナ)ススキです

撫子(ナデシコ)

葛(クズ)

 

以上が秋の七草です。

 

そしてこちらが画像を集めた動画です。

あと、秋の七草って、
漢方薬にも用いられているみたいですよ。

葛根湯ってありますよね?

あれ、葛が主薬だそうです。

 

秋の七草の時期

秋の七草っていうくらいだから秋に決まってるだろ!

って思いますよね、これ。

 

が、これがそうじゃないんですね!

実は夏の時期に咲く花も含まれるんですよ!

 

時期は6月下旬~10月くらいなんですね。

あと、暦では8月は一応秋らしいです。

凄く暑いけど秋なんです!

なので、暦通りに見ると秋なのか・・・な(笑)

 

秋の七草の由来とは

秋の七草の由来なんですけど、
万葉集で山上憶良(やまのうえのおくら)
っていう歌人が詠んだ歌が由来だそうです。

「山の上のオクラ」じゃないですよ(笑)

こちらがその歌です。

『秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花』

『萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花』

 

秋の七草の覚え方

色々な名前がごちゃごちゃしてて、
正直覚えにくいですよね。

簡単な覚え方として、
五・七・五・七・七のリズムで
覚える方法があります。

では早速レッツトライ!

 

セリ、ナズナ

ゴギョウ、ハコベラ

ホトケノザ

スズナ、スズシロ

春の七草

 

って、これは春の七草だった!

スミマセン、こっちがメジャーなもので、つい。

ここからが秋の七草バージョンです!

 

ハギ、キキョウ

クズ、フジバカマ

オミナエシ

オバナ、ナデシコ

秋の七草

 

はい、こちらですね^^

何度も反復してスラスラ言えるようにしましょう!

 

あと、ほかの覚え方として、
頭文字で覚える方法もあるそうです。

こちらの動画で紹介してます。


自分の覚えやすい頭文字に変換してもよさそうですね^^

 

秋の七草ですか。

日本人は植物で季節を感じるのが好きだったんですかね?

しかし、今はそういう機会って少なくなっていると思います。

今年、テレビやカレンダーの数字ではなく、
自然の中で季節を感じる体験をするのもいいかもしれませんね^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す