赤ちゃんへの保冷剤は凍傷に注意!

夏の寝苦しい夜、暑い夜。
寝ている赤ちゃんが汗びっしょりで、
ビックリすることありませんか?

a0001 006374 300x198 赤ちゃんへの保冷剤は凍傷に注意!

 

 

 

 

 

 

そんな時、赤ちゃんに保冷剤を使って、
寝苦しさを解消してあげたりすると思うんですけど、
その際、凍傷に注意してください!

 

保冷剤を使用していることをついつい忘れてしまい、
そのままほったらかしてしまったりというのは、
多くの人がありがちだと思います。

 

目立たない場所ならまだしも、
顔とかだと大変です!

 

凍傷の痕が残ってしまっては嫌ですからね。

 

そこで今回、
赤ちゃんへ保冷材を使用する際の注意点を紹介します!

熱い夏、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしていきましょう♪

 

保冷剤使用の注意点

保冷剤を使用するときに一番気を付けてほしいのが、
必ずタオルなどで包んでから使用するということです!

直接保冷剤が肌に触れてしまうと、
冷たすぎて凍傷になる恐れがあり危険です!

必ずタオル、ガーゼなどで覆ってから使用してください。

ずれたりしないよう、気を付けてくださいね^^

 

あと、同じ場所への長時間の利用も避けてください!

同じ場所をずっと冷やし続けると、
凍傷になる可能性があります。

また、保冷剤の温度、周囲の温度、タオルで覆っているか、
そういった要因によって、凍傷になる時間は変化します。

 

正直な話、エアコンを適切に使用することが、
保冷剤よりも良いと思います。

これなら凍傷の心配しなくていいですし、
赤ちゃんの熱中症対策にもなります。

 

しかし、節電節電と言われているこのご時世。

エアコンの使用は控えなきゃってなってますからね。

電気代の上昇もありますし・・・

まったく、ますます熱くなるのにどうしてくれんだよ!

 

そんな時の緊急用という感じで、
保冷剤は暑さ対策に役立つと思います。

ただ、しっかりと注意点を守って、
適切に利用してくださいね^^

 


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す