時候の挨拶8月下旬は晩夏の候?時期はいつからいつまで?

晩夏(ばんか)とはいつなんだろう?

読んで字のごとく夏が終わる時期って意味ですよ!

8月下旬、夏もそろそろ終わりだねぇってやつです。

 

そんな時期によくある事だと思うんですけど、

「暑中お見舞い申し上げます~♪」

って口ずさみながら、
暑中お見舞い書いていませんか?

それとも残暑見舞いかな?

 

この暑中お見舞いと残暑見舞い、
同じようなものだと思っている人が結構いますけど、
時期による違いがあるんですね!

 

そして、時期によって時候の挨拶も変わるんです!

 

時期や時候の挨拶を間違えてしまうと、
送り先の相手の印象が悪くなるかもしれません。

 

「えっ、この人、これくらいも知らないの?」

 

まぁ、そういう人は稀だと思いますし、
多少日にちが前後しても構わないと思いますが、
一応知っておいた方が無難ですよね^^

その方がなんかカッコイイですし(笑)

 

そこで今回は、
8月下旬の時期に使われる晩夏の候が、
いつからいつまで使えるのかを紹介します!

そうそう、暑中見舞いと残暑見舞いの違いもね♪

 

晩夏の候の時期はいつからいつまで?

shochuumimai 4 時候の挨拶8月下旬は晩夏の候?時期はいつからいつまで?

 

この記事の最初の方で、
晩夏の意味をさらっと説明しましたね。

夏の終わりごろってやつです。

 

じゃ、その夏の終わりごろって、いつからいつまでなのか?

 

それは8月7日頃~8月22日頃です。

この時期が晩夏の候で挨拶する時期となります。

 

そしてこの時期は立秋です。

「立秋の時期は晩夏の候で」

と覚えておけばいいでしょう

 

ちなみに、日付に頃がついてる理由なんですけど、
年によって立秋って日にちが変わることがあるんですね。

ま、だいたい8月7日前後に始まって22日前後までなので、
その時期を目安にしてください。

詳しく知りたい場合は、
カレンダーを見たらいいかと思います^^

 

残暑見舞いと暑中見舞いの違いとは?

これ、結構重要です。

なぜなら、
晩夏の候は残暑見舞いに適した挨拶だからです!

 

ん?何それ?

って感じですよね。

 

大丈夫、詳しく説明します^^

 

 

まず、暑中見舞いなんですけど、
これは夏真っ盛りの時期に送る手紙です。

時期については諸説あるのではっきりしませんが、
梅雨明け~8月7日前後(立秋)までです。

 

正直8月ってまだかなり暑いですし、

どこが秋だよ!夏真っ盛りじゃねぇか!

って感じですけど、
暦では秋が始まってるんですね。

 

では、もうお気づきかもしれませんが、
残暑見舞いはその後の挨拶となります。

立秋以降のあいさつで、8月7日~8月後半までとなります。

 

暑中見舞い⇒梅雨明け~立秋

残暑見舞い⇒立秋以降(8月7日~8月22日)

まとめるとこんな感じですね^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す