ゲリラ豪雨の予測は不可能!?なぜ!?その理由とは!

あの、残念な事実なんですけど、
ゲリラ豪雨って予測が不可能らしいですよ!
確かに、気象予報士が自信満々で「晴れ」って言っても
急に空が黒くなって雨がドザーッてなりますよね!

a1020 000147 300x198 ゲリラ豪雨の予測は不可能!?なぜ!?その理由とは!

正直あれイラッとしますけど、
予測が不可能って言われれば仕方ありません。

でも、なぜ不可能なんでしょうね?

その理由気になりませんか?

というわけで、
ゲリラ豪雨の予測が不可能な理由を紹介します!

 

おいおい、予測不可能!?ざけんなよっ!

ゲリラ豪雨って発生するのが凄く早いんですね。
その発生の速さに今の気象観測のレーダーがまだついていけないんですよ。

しかも範囲が10kmから数10kmくらいしかないので、
そんなピンポイントの予測なんて難しすぎるんです。

ま、色々と技術は進歩していると思うので、
将来的には予測可能になってるかもしれないですけど。

ちなみにこんな予測グッズがありました!

しばらくこれで我慢しましょう(笑)

で、大雑把にゲリラ豪雨発生の原因なんですけど、
地表の暖かい空気は上空へと昇っていくんです。

湿った空気も一緒に上空へ登っていきます。
(夏の日本は太平洋高気圧があり、こいつが湿った空気を持っています)

その時に上空に冷たい空気があると、
湿った空気が冷やされて積乱雲が作られます。

この積乱雲が発達して集中豪雨⇒ゲリラ豪雨となるわけです。

  • 地表の暖かい空気
  • 湿った空気
  • 上空の冷たい空気

この3つが発生の条件です。

 

で、地表の暖かい空気には、
ヒートアイランド現象が関わってるんですね。

 

ヒートアイランド現象、都市部でよく見られる現象です。

どんな現象なのかというと、
エアコン、自動車、工場の排熱ありますよね?

これらの影響で地表の温度が高くなるんです。

しかも都市部ってコンクリートだらけで緑が少ないので、
その影響で更に熱がこもりやすいんですね。

 

そこでゲリラ豪雨発生の条件を思い出してほしいんですけど、
地表の温かい空気というのがありましたよね?

そうです!

ヒートアイランド現象が起こっている場所では、
ゲリラ豪雨が発生しやすいんです!

もちろん他の2つの条件も必要ですよ^^

 

ゲリラ豪雨の予測は不可能ですけど、
一応兆候というものがあります。

  • 雷の音が近い
  • 風が冷たくなる
  • 真っ黒い雲が接近する

そういう兆候を発見したら建物の中に避難し、
安全が確認できるまで大人しくしときましょう!


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す