彼岸花の育て方!毒に注意!

お盆、お彼岸の季節になると咲く花。
そう、彼岸花です。
彼岸花って少しイメージ悪いですけど、
僕は結構好きな花なんですよね^^

65b407f2bce3ec979b5a2fa1ea9c31ba 300x199 彼岸花の育て方!毒に注意!

真っ赤に咲く姿はまるで炎のようです!

名前の由来はお彼岸の時期に咲くから彼岸花。

ってまぁ、ある意味ストレートな名前です。

 

今回はこの彼岸花の育て方や特徴などについて紹介します!

あと、毒と別名についても合わせて紹介しますね^^

 

特徴、彼岸花の育て方

 

水やり

彼岸花は乾燥に強いです。
というより、水を与えすぎたら枯れる恐れがあります。
土が乾いたら水を与えるくらいで大丈夫です。

 

水はけに優れた土を選び、
水が溜まりにくいようにしましょう。

 

日当たり

日光を好むので、日当たりの良い場所に植えましょう。

 

肥料

特に与えなくても育つけど、
葉の出る前に堆肥や化成肥料を与えると効果的です。

 

彼岸花の毒について

彼岸花は根の鱗形(りんけい)と呼ばれる部分に、
アルカロイド系のを含んでいます。

この毒、症状は吐き気や下痢なんですけど、
酷い場合は亡くなる可能性もあるので結構危険です!

ですので別名、
毒花、痺れ花とも呼ばれています。
(別名は他にもあるので、また後で紹介します^^)

 

そして、この毒を有効利用した使い方があるんですね。

彼岸花って、お墓や田んぼの周辺に植えられてることが多いんですけど、
その毒でねずみやモグラを近づけないようにしているんです。

お墓や田んぼを害獣から守っているというわけです!

 

あと、彼岸花って食用にもなるそうですよ!

えっ!毒あるのに食えるの!?

って思いますけど、
毒をしっかりと抜いてから食べるそうです。

毒は水に長時間着けておけば抜けるのだと。

 

彼岸花の別名

先ほど、ちらっと毒のところで別名を紹介しましたけど、
彼岸花ってたくさんの別名があるんですね。

全国で1000種類ほどあるとか・・・

さすがに全部は無理なので、
一部の別名と、そう呼ばれる由来を紹介します。

 

死人花、地獄花、幽霊花

お墓の近くに多い、毒でネズミやモグラを近づけないという理由

 
葉見ず花見ず

花がある時は葉がなく、葉がある時は花がないという特徴から

 

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

サンスクリット語で、仏教経典の
「良いことが起こる前兆に天から赤い花が降ってくる」
というところからきてます。

 

彼岸花の花言葉

あきらめ、悲しい思い出、恐怖

おいおい、なんだか悲しい花言葉ばっかりだ!

って思っていたら、ほかにもありました。

 

再開、情熱、独立、また逢う日を楽しみに、想うはあなた一人

 

おお、こっちはなんだかプラスのイメージだ!

きっと、悲しみの中でも希望を忘れずにといったことなんですかね^^

 

まとめ

育て方としては水を与えすぎないのが重要で、
日照りが続いたらしっかりと与えること。

そして日光によく当たる場所に植える。

最初はこれだけを意識すれば良いかと思います。

 

ちなみになんですけど、
彼岸花って赤い花だけじゃないんですよ。

白い花を咲かす彼岸花もあります。↓↓↓

赤と白、二つ揃えて並べると、
紅白でおめでたい感じがするんでしょうね!

イメージがあまりよくない彼岸花ですけど、
毒でお墓や田んぼを守るボディガードとして活躍し、
いざとなったら毒抜きして非常食に早変わり!

おお、彼岸花、なかなかのポテンシャルを秘めているではないか!

この記事で彼岸花のイメージ回復につながれば幸いです(笑)


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す