地蔵盆とは?お供えとのしの書き方!京都と大阪だけ?

京都や大阪などの関西地方で、
夏の終わりを告げると言われる地蔵盆。

関西では地蔵盆が夏の最後の最大のイベント
と言ってもいいくらいなんですね^^

79e96ae59554ff7a12d3f109fe1d749e 地蔵盆とは?お供えとのしの書き方!京都と大阪だけ?

ですがその地蔵盆、
関西地方中心の祭事ということもあって、
それ以外の地域では行われていないんです。

ちなみに僕はこの夏初めて知りました(笑)

 

今回は京都・大阪ではメジャーな地蔵盆について、
お供え物やのしの書き方、金額などを中心に紹介します!

 

地蔵盆とは?

関西地方出身の方は、
ココはすっと飛ばしちゃってください(笑)

地蔵盆の事がわからない人のために用意した部分ですので。

 

地蔵盆はいつ?

これは毎年8月23日と24日に行われます。

でもね、何かと忙しいこのご時世、
前後の土日に行われることもあり、
2日を1日に短縮して行う地域もあります。

 

で、地蔵盆がどんな行事なのかザックリ簡単にいうと、
お地蔵さんを祀ってお菓子を食べたりゲームをする行事です。

地蔵は子供・地域を守っていると言われてるんですね。

「いつも守ってくれてありがとう」

って感謝する日なのです^^

 

地蔵盆は子供が中心となるお祭りで、
夏休みの最大の楽しみとしてる子供もいるかもしれません。

お菓子目当てってことね(笑)

 

そうそう、地蔵盆がなぜ京都・大阪で盛んなのかというと、
関西地方には元々地蔵信仰というのがあって、
それが代々受け継がれていたからなんですね。

関東では地蔵信仰が伝わるよりも前に、
お稲荷さん信仰が根付いていたので、
関東では地蔵盆は定着しなかったと言われてます。

もし全国区になっていたら、
お菓子業界が黙ってないでしょうね(笑)

 

お供えののしの書き方は?

のしの表書きは地域によってまちまちなので、
その地域の住人に聞いたほうが良いですね。

長老的な人っているじゃないですか?

そういう人に聞けばバッチリです!

 

って、えぇぇぇぇ!

わざわざ検索したのにふざけんなよッ!!

 

ですよね。

なので参考程度に、
無難なのしの表書きの書き方を紹介しますね^^

 

表書きは「御供(ごくう)」が一番多いそうなので、
御供と書いちゃいましょう。

ほかには「御布施」「灯明料」などがあります。

そして、下に名前をフルネームで書いてください。

これでどこにお供えしてもバッチリ!なはず・・・

 

お供えの金額・金封は?

これまた地域差があるんですけど、
金額は2,000円~5,000円くらいが一般的で、
高くても10,000円ほどです。

金封は紅白の水引きが一般的ですが、
黄色でもいいそうです。

祝儀袋でなく白い封筒や半紙で包む場合もあるので、
そこはやっぱり地域の方に聞いたほうが良いでしょう。

 

って、ほとんどの回答が、

「地域の方に聞いてください」

ですね。スミマセン><

 

まぁ、それだけ地域に根付いた祭事ということですね^^

 

地蔵盆のまとめ

地蔵盆は京都や大阪などの関西地方で盛んな行事で、
子供たちにとって夏休み最後の楽しみの一つでもあります。

お供え・のしの書き方など、
細かいところは地域によってまちまちですが、
そこはご近所さんに聞いちゃいましょう!

仲良くなるきっかけづくりにもなりますしね^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す