夏型カビ肺炎の治療法!薬だけじゃ治らない?

梅雨時、夏になると毎年風邪に似たような症状になり、
咳が全然止まらなくなる。

これ、単なる夏風邪ではなく、
カビが原因の夏型過敏性肺炎かもしれません!

このカビ肺炎の厄介なところは症状が風邪に似ているので、
お医者さんでも風邪と診断してしまうことがあることです。

薬のみで完治しない

kabihaien kusuri 夏型カビ肺炎の治療法!薬だけじゃ治らない?

 

治療として抗生物質などの薬で一時的には症状が緩和されますが、
これでは完全な治療とは言い切れません。

なぜならカビ肺炎の一番の原因は、
カビがウヨウヨいる環境に住んでいるということだからです!

その根本を改善しないといつまで経っても完治しないですからね。

 

翌年の夏も同じように咳がでて慢性化するという事態になると、
肺の機能が弱ってすぐ息切れを起こしてしまうようになります。

さらに症状がひどくなると酸素をうまく取り入れることができなくなり、
呼吸困難で最悪の事態を迎えることになりかねません。

 

というわけで今回は、カビ肺炎を完全に治療するために
やるべきことについて紹介します。

これで思いっきり深呼吸できるぜーー!

 

原因となるカビを排除せよ!

カビ肺炎の原因となるカビの一種にトリコスポロンというカビがいます。
このトリコスポロンを吸い込むことで夏型肺炎になるんですね。

温度20度以上、湿度60パーセント以上で元気に活動するので、
まさにお風呂場は条件を満たした物件といえるわけです。

他にも古い畳や木、カーペットなどがお好みなので、
築年数が長く、古い住宅に発生しやすいのが特徴です。

 

しかし、最近は比較的新しい家やマンションでも発生することがあります。

これは風通しが悪く、換気が十分に出来ない設計が原因です。

風通しが悪いとムシムシして気持ち悪いですよね。

夏、その状態だと温度と湿度はグングン上昇し、
カビにとって更に住み心地の良い環境になるわけです。

 

なので、完治するにはこのカビの脅威から逃れる必要があります。

逃れる方法は2つあります。

ピカピカ清潔な新居に引っ越すか、
カビが繁殖している場所をリフォームするかです。

でもね、はっきり言ってこんなの急に出来ないですよね。
むしろ最終手段という感じです。お金も掛かるしね。

 

なので、まずは原因となる場所のカビを除去し、
きれいな状態を保つというところから入ったほうがいいでしょう。

それだけでも症状は軽くできるはずです。

入浴後に壁をふき取るだけでも、
お風呂場のカビの発生を抑えることができます。

エアコンを使用する場合はまずは内部を掃除してから使用する。
(汚れがひどい場合は業者さんにお願いしましょう)

こういった部分からまずはやってみるのをおススメします。

 

あと、喫煙している人は息切れや咳が長く続くといった
慢性化の症状が現れやすいそうです。

喫煙している人はこれを機会に禁煙したほうがいいでしょう。

夏型カビ肺炎はうつる?初期症状や対策をチェック!原因は?


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す