カブトムシの捕まえ方!光で集めろライトトラップ!

大きな角が特徴のカブトムシ
今も昔も人気ナンバーワンの昆虫ですよね!

堅さと力強さの両方を兼ね備えたあのボディ。
バッタバタとライバルを投げ飛ばす豪快な姿。

「まるでショベルカーのようだ」

と、感じた子供時代が懐かしいです。

光におびき寄せるライトトラップ

light trap カブトムシの捕まえ方!光で集めろライトトラップ!

 

そんなカブトムシを捕まえる方法っていろいろありますよね。

バナナで作った罠を仕掛けるバナナトラップだったり、
街の街灯に集まるところを狙う方法など。

適当に歩いて探し回るより、
ある程度狙いを定める方が効率よく捕まえられそうです。

 

今回はそんな数ある捕まえる方法の中でも、
強力な光を利用してカブトムシを捕まえるライトトラップを紹介します。

えさを用意する必要が無く、ライトを照らすだけ。

そして光に集まったところをキャッチ!

なんか簡単そうですけど、実際はどうなのでしょうか?

そこんところ調べてみました!

 

ライトトラップは上級者向け?

光を照らすだけで簡単なのかと思いきや、
ちょっと調べてみるとそうではないということが判明しました。

まぁ、簡単に言うとですね・・・

お金が掛かる!

です、はい。

 

発電機、照明器具などにお金がかかるので、
本格的にやろうとすると数十万円必要な場合があります。

なので、初心者向けというよりは上級者向けという感じですね。

 

ちなみにこちらが実際にライトトラップをしている動画です。

気持ち悪いくらい虫が集まってます。
虫嫌いな人は発狂するかもしれません(苦笑)

 

簡単にライトトラップをつくる方法!

ライトトラップに必要なものは光です。

なので、それを身近にある懐中電灯やランタンで代用することも出来ます。

木々の間と地面に白いシートを張り、
懐中電灯やランタンを数個照らせば一応完成です。

ただし、本格的なライトよりも光が届く距離が短くなるので、
位置取りなどが難しくなってきます。

まずは簡単に作成できるところからはじめ、
それで手応えを感じたら本格的な機材を使ってみるのが良いでしょう。

 

あと、ライトトラップを仕掛ける際は、
近隣住民の迷惑にならないようにしてくださいね。

夜に明るい光を照らすことになるので、
安眠妨害につながる可能性があります。

下手するとカブトムシじゃなく警察が寄ってくるかもしれませんよーー。

バナナトラップでカブトムシを捕まえる方法はこちら


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す