沖縄での海水浴はくらげに注意!対処法をチェック!

沖縄での海水浴、すごく楽しそうですよね!
だけど、沖縄での海水浴はくらげに注意しなきゃいけません!

くらげへの対策と、刺された時の対処法を紹介します!

 

 

まず、くらげに刺されない一番の対策なんですけど、
海に入らないっていうのが挙げられますね^^

これなら、くらげに刺される心配はないし、
陸上は人間が有利、くらげなんかカピカピにしてやるッ!

やったね、解決♪

 

って、オイィィィィ!
ここで終わっちゃダメだって!

 

何しに沖縄の海に来てんだよ!?

そう!海水浴しに来たんだよッ!

ざけんじゃねぇよッ!

 

って、誰だって叫びますよね^^

 

はいはい、わかってますよ。
くらげへの対策と、刺された時の対処法、
ちゃんと調べましたよ!

 

くらげ対策はこれ!

a0001 011406 沖縄での海水浴はくらげに注意!対処法をチェック!

 

くらげに近づかない、触れない。

要はこれが大切なんですね^^

 

まず、くらげに近づかない。
これははっきり言って難しいです!

くらげって基本、透明じゃないですか。
体がすけすけのスケルトンなので見えないんですよ!

 

じゃあどうするか?

実は、クラゲよけの日焼けローションというのがあるんです!

 

とりあえずコイツを塗っておけば、
くらげが近づくのを防いでくれるかもしれません。

 

それでも近づいてきたら!?

くらげよけのローションを塗ったって、
くらげが近づかないって保証はないですからね(苦笑)

いつの間にか背後を取られて、

「チクッ!」

ってこともあるでしょう。

 

はい、ここで第2の対策が登場します!

 

刺されるってことは肌を露出させているから刺されるわけです。
つまり、肌を露出させないようにすればいいわけです!

 

おぉ~、これは盲点だ!

って思ったのは僕だけ?(笑)

 

露出しないようにするというと、
服を着けて海水浴をするということが考えられますね^^

そこで、おススメはラッシュガード!

 

これならもし刺されたとしても、
素肌でない分、被害は最小限に抑えられるはずです!

 

クラゲに刺された時の対処法!

 

まぁ、いくら注意・対策をしていたとしても
運悪く、くらげに刺されてしまうということもあるでしょう。

その時はすぐに病院に行くのが一番なんですが、
もしもの時の応急処置というのを紹介します!

 

  1. ピンセット、タオルなどで、くらげの触手を取る。
  2. 消毒液または食酢をかける。なければ乾いた熱い砂(くらげの毒は熱に弱いため)
  3. 海水で洗う。
  4. 軟膏を塗る。(抗ヒスタミン剤、コーチゾン軟膏、ステロイド軟膏)
  5. 患部を冷やす。
  6. 病院へ!

 

そして、やってはいけないこと!

  • おしっこをかける
  • すぐに真水で洗う(毒がさらに入り込む可能性がある)
  • 砂やタオルでこする(触手が残っていたら、毒を更に広げてしまう)
  • 素手で触る(必ずピンセットやタオルなどを使う)

注意点として、全てのくらげがこの応急処置法でOKというわけではないです。

くらげの毒の種類によっては、
食酢をかけるとさらに毒が広がるというのもあります!

なので、くらげの種類がはっきりしない場合は、
食酢をかけるのは避けた方がいいと思います。

 

夏の思い出をくらげなんかにぶち壊しにされないよう、
しっかりと事前に対策をしてから海水浴してくださいね^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す