熱帯夜対策エアコンを使わないで快適に寝る!おススメグッズとは!?

あつい、あつい、熱帯夜!
寝苦しい日が続くのって嫌ですよね!
ざけんなよ、気持ちよく寝かせろよぉぉ!

ってまあ、エアコン(クーラー)をつければ手っ取り早いんでしょうけど、
電気代が気になるとか、そもそもエアコンが苦手とか。

あまりエアコンに頼りたくないって人も多いはず!

そこで、エアコンに頼らずにできる、熱帯夜対策を紹介します!
そしてそれに役立つおススメグッズもご紹介!

このネコのように暑さにやられてぐったりしないよう、

PPP atusaniyarareruneko500 300x200 熱帯夜対策エアコンを使わないで快適に寝る!おススメグッズとは!?

 

 

 

 

 

 

これでぐっすり快適に眠ってくださ・・・い・・Zzz・・・

 

熱帯夜対策その1

快適な睡眠、それは寝る前の準備が大切です。
それぞれ一つずつ見ていきましょう!

 

ぬるめの温度の風呂に入る

人は寝るとき、体の深部体温を低くします。
ぬるめの風呂に入ると表面の温度は上がるけど、深部は低下するんですね。

それがきっかけとなり、眠りやすくなるっていうわけです^^

 

寝る3時間前は食事を控える

食事をすると消化吸収の方にエネルギーが使われます。
で、寝る前に食事をすると、寝て体を休めなきゃいけないのに、
体は内臓(胃や腸)を働かせるということが起こります。

その結果、質の高い睡眠をとることができなくなります。

 

テレビ、ケータイの画面を見ない

これに限らずなんですけど、
明るい光はなるべく避けた方がいいです。
人は光を浴びると体が覚醒するんですね^^

「ん?太陽が昇ったのか。もう朝だな!」

ってなことを思っちゃうわけです。

夜パソコンを使用するときは、
明るさを抑えるなど工夫しましょう。

 

熱帯夜対策その2

夏の夜の蒸し暑さ。
温度と湿度の高さが眠れない原因です。

対策その2では、その温度と湿度の対策を見ていきましょう!

 

吸湿・発散性に優れた寝具を使う

綿製品のシーツや布団は、
水分を吸収すると熱を帯びる性質があります。

そこでおススメなのが麻です。
麻は通気性がよく、吸湿・発散も早いです!

 

風通しを良くする

窓を開けて風通しを良くすることによって、
湿度と温度を下げる効果が得られます。

プライバシーが気になるのであれば、
カーテンではなく、すだれを使いましょう!
すだれの方がカーテンよりも風通しがよく、
窓からの熱を遮断する効果も得られます!

 

ただ、窓を開けるということなので、
防犯には十分気を付けてください!

 

 

冷却ジェルを使う

これはもう、説明は不要かと思います(笑)
直接体の熱を冷やしてしまおう!ってやつです。

 

 

冷却ジェルのほかにも、

・濡れたタオルを掛ける
・保冷材を使う
・扇風機

等が挙げられますね^^

ただ、体を冷やしすぎるのは、
体調を崩す可能性もあるので、
やりすぎにはくれぐれも注意してください!

 

睡眠が不足するとイライラしたり、健康にも良くないです。

お肌のトラブル、集中力の欠如、免疫力の低下・・・

しっかりと睡眠をとって、
暑い夏を元気いっぱいに過ごしましょう!


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す