オニユリの特徴と育て方!ムカゴとは!?

オニユリ。なんだかおっかない名前です!
今回はそんなオニユリの育て方などを紹介します。
そして気になる名前の由来も注目です!

オニユリの特徴

a0960 003447 224x300 オニユリの特徴と育て方!ムカゴとは!?

オニユリは球根植物です。

そして橙色の花に黒い斑点、
香りがあるのが特徴です。

草丈は成長すると1~2mにもなります!

おお、結構大きいです。。。

あと、種子は作りません。
葉の付け根の方にムカゴ(珠芽)を作り、
コイツが地面に落ちて増えていきます。

ムカゴは食用にもなるそうです。
ムカゴについてはまたあとで説明します^^

 

オニユリの育て方

 

育てる場合、日当たりの良い場所で育てましょう。

ただ、乾燥に弱いという性質があるので、
土は水はけの良い土を選んでください。
粘土質はダメですよ~!

有機質を含んだ土なら、
元気いっぱいに育ってくれるはずです!

 

水やり

土の表面が乾いたらタップリと水を与えましょう。

 

肥料

芽が出始めた時と開花した後に暖効性肥料を与えてください。

↓↓こんな肥料です↓↓

 

 

植え替え

花壇などに地植えしている場合は
毎年やる必要はありません。

毎年はめんどいかと(笑)

植え替えの時期なんですけど、
10月~12月が適しているのですが、
その中でも10月がおススメです。

 

球根について

下根と上根の両方から根が出てくるので、
植えるとき深さが足りないと、上根がうまく育ちません。

植えるときは球根の高さの2~3倍くらいの深さに植え、
他の球根も合わせて植える場合は、
球根2つ分ほどの間隔をあけて植えてください。

 

ムカゴからの育て方

 

花が咲く時期(6~7月)にかけてムカゴは自然落下します。

そのまま放っておいても育つんですけど、
ほとんどがナメクジなどの害虫に食べられてしまいます。

なのでムカゴから育てる場合、
土が軽くかぶさる程度に押し込んでください。

水は表面の土が乾いたらタップリと与えましょう。

 

ただ、ムカゴから球根に育つまでに
3~4年ほどかかります。

なが~く、じっくり育てるのであればいいですけど、

もうちょっと早く育ってほしい!
ナメクジに食べられるかもしれない、ざけんな!

って思うのであれば、
手っ取り早い苗木が良いと思います^^

 

そうそう、食用として育てる場合なんですけど、
つぼみを取り除いて育ててください。

花を咲かせてはダメってやつです。

花を楽しみにしている人にとっては、
ちょっといやな育て方です。。。

 

オニユリの花言葉

愉快、華麗、陽気、賢者

おお、なんだかいいイメージですね!

陽気で賢い!

真鍋かをりさんみたいだ!
(僕個人の勝手な想像です)

 

オニユリの名前の由来

 

オニユリの名前の由来は2つあります。

1つは、
赤みを帯びた橙色の花びらの斑点模様。

これが「赤鬼」を連想させるところから、
オニユリという説。

で、もう1つが、
ヒメユリと比べて大きいから「オニ」という説。

ヒメユリと比べて大きいからって、
なんだか最近の若者の言葉みたいですね。

「オニでかい!」みたいな(笑)


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す