ポインセチアの育て方と手入れの仕方!夏って?冬に赤くする方法

クリスマスに良く見る植物といえばこれ!

そう、ポインセチアです!

赤と緑のクリスマスカラーが印象的で、
より一層クリスマスの雰囲気を際立たせてくれます。

poinsettia ポインセチアの育て方と手入れの仕方!夏って?冬に赤くする方法

↑↑↑
これ見よがしのポインセチア氏(笑)

 

このポインセチアなんですけど、
冬の植物だと思う人が多いと思います!

そりゃそうです。

「クリスマス以外いつ見るんだ?」

っていうくらい、
冬以外の季節に見ることは少ないですし、
夏に見る機会は特に少ないでしょう。

 

しかしですねぇ~、
ポインセチアは暑い地域の植物で、
冬の寒さは苦手なんです!

なので夏と冬では、
育て方・手入れの仕方が異なってきます。

 

あと、ポインセチアの特徴の赤い葉っぱ。

クリスマスまでに赤くなってほしいですよね?

赤と緑の組み合わせが魅力的ですし、
むしろそれだけを目的に飾る人もいると思います。

いや、緑が大好きなら別にいいんですけど。

 

そこで今回は、
夏と冬で違う気をつけたい育て方のポイントと、
葉っぱを赤くする方法を紹介します!

これであなたのポインセチアは元気に真っ赤か…なはずです!(笑)

 

ポインセチアの育て方のポイント

冒頭でも紹介した通り、
ポインセチアは寒さが苦手です!

なので、冬の植物だと思って育てると枯れてしまうかもしれません!

まずはこの点を意識してくださいね^^

 

で、それを踏まえての手入れのポイントです。

 

  • 加湿に弱い
  • 冬の間は室内で育てるほうが良い
  • 日光が好き
  • 乾いてから水を与える
  • 冬は休眠時期、春まで肥料はやらない
  • 桜が咲いた頃に植え替え、剪定をする

 

置き場所は日当たりの良い窓辺がオススメです。

夏など暖かい季節であれば外でも育てられますが、
寒さが苦手なので気温が10℃を下回ったら室内で育てましょう。

 

あと、冬に室内で育てる場合、
暖房器具にも注意してください!

暖房器具の近くに置くと乾燥する恐れがあるんです。

乾燥しすぎると葉が落ちることがあるので気をつけましょう。

 

水のやり方は株の根元が乾いてから、たっぷり与えてください。

乾いてからですよ!

 

あと、育て方に関する動画があるので、
こちらも参考にしてみてください。

これ見たら僕が書いた文章読まなくてもいいです(苦笑)

 

 

ポインセチアの葉を赤くする方法

これは葉を赤くしたい人だけ見てください(笑)

やり方はびっくりするほど簡単です。

 

夕方以降、朝までダンボールなどで覆う。

 

以上、簡単ですね^^

これなら幼稚園児でもできそうです。

 

なぜダンボールをかぶせるのかというと、
光に当てないようにするためです!

ポインセチアは光に当たる時間が短いと花が咲くんですね。

逆に言うと、夜の時間が長いほうが花が咲きやすいんです。

 

ダンボールをかぶせて暗くすることによって、
夜の時間を長くするという狙いがあるのです!

夜の時間はだいたい13時間以上必要といわれてるので、
その間は闇の中でテキトーに放置大切に保管しましょう♪

 

闇の期間(ダンボールをかぶせる期間のことね)は、
夏の終わりから秋の始めあたりからがオススメです。

だいたい9月上旬前後ってとこですね。

これでクリスマスまでには、
ポインセチアは赤く染まってることでしょう^^

ぜひ挑戦してみてくださいね!


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

1件のコメント

  • himuakai

    ありがとうございます。参考にさせてもらいます。

コメントを残す