登山でスズメバチ対策!服装で遭遇を避けろ!

ズズメバチ対策を知らないと、
登山時にこんな悲劇に見舞われるかも。

「レッツ登山!
おい、山!お前なんて一気に登ってやる!」

 

って意気込んだはいいものの、
スズメバチが目の前を通り過ぎた瞬間!

「おわ、蜂じゃねぇか!ダメダメ、もう、登山中止!」

「避難だぁぁ!」

 

ってのは毎年日本で5万人程いるでしょう。

あなたもそんな経験ありませんか?

 

suzumebati 300x199 登山でスズメバチ対策!服装で遭遇を避けろ!

↑これ見よがしと勝ち誇るスズメバチ氏

 

楽しい登山をスズメバチなんかにぶち壊しにされては、
せっかく用意したトレッキングシューズをお披露目することもできません!

皆に自慢するためだけに買ったっていうのに!

 

服装を山ガールファッションで決めた女性なんかは、

「あ、山がある。」

と、わけわからんことを言ってしまうことでしょう!

 

そんな事態を回避するためにも、
是非ここで登山時のスズメバチ対策方法を学んで、
あなたの登山ライフをよりエンジョイしたものにしてください!

 

スズメバチ遭遇を防ぐには?

なんといっても一番大事なのは、
スズメバチに遭遇しないことですよね!

遭遇しない=刺されない

というみんなが待ち望んだ方程式。

これを達成させればこっちのもです!

 

それじゃ具体的にどうすればいいのか?

そこら辺を見ていきましょう。

 

 

スズメバチを興奮させるもの

スズメバチは何らかの刺激を受けて、
対象物に向かって襲っていくわけです。

以下にスズメバチが興奮するものを
サクッとまとめておきます。

 

  • 黒い色(髪、瞳、黒のカメラなど)
  • ひらひらするもの(ひもとか、長髪など)
  • 香水
  • 汗のにおい
  • 薬品などのにおい(ヘアスプレー、化粧品など)
  • 超音波(虫よけ用の機械など)
  • 巣への直接攻撃(ダメ、絶対)

 

これらのものにスズメバチは反応して興奮します。

狙われたら超危険!

それはそれは烈火のごとく襲われますよ!

 

じゃ、これを踏まえたうえでの対策なんですけど、
要は刺激を与えなければいいんです!

つまり、先ほど紹介したやつをやらないようにするということ。

 

まず、服装です。

黒い色は避けましょう。

黒は紫外線カット率が高いからとかそんな理由は捨ててください。

紫外線カット率の代わりに刺される確率がアップします。

 

黄色・白・銀色が比較的反応が鈍いので、
服装はそれらの色でコーディネートしましょう。

長袖長ズボンを着用し、肌を露出しないようにね!

 

あと、頭を刺されないためにも帽子は必須です!

髪の毛って黒ですし、
日本人女性自慢の黒髪ロングヘアーは、
世の男性だけでなくスズメバチも刺激します。

黒とひらひらのコンボってやつだね♪

 

あとは香水など臭いのするものもダメです。

 

汗のにおいはどうすんだろ?

日頃の食生活の改善で、
体質の変化を狙うとかですかね。

これに関してはわかりません。ごめんなさい。

 

ま、とにかく蜂を刺激しないようにすることが一番なので、
登山の前に上記のポイントをチェックしてください。

刺激するかもって感じたらそこを改善していきましょう!

 

もしスズメバチに遭遇したら

はい、いくら遭遇しないように気を付けてもね、
運悪くスズメバチに遭遇することもあると思います。

そんな緊急時のために役立つアイテムを紹介します。

 

まずは殺虫剤ですね。

「やられたらやり返す、倍返しだ!」

ってやつです。(この記事書いてるときの話題ドラマです。)

 

そして最悪刺されてしまった時のためにも、
応急処置用の薬や道具などを持っていきましょう。

過去に刺されたことのある人は、
アナフィラキシーショックになる可能性があるので。

 

これ、毒を吸いだすポイズンリムーバーという器具です。

 

お世話になりなくはありませんが、
持っておけば安心感はありますよね!

 

 

あと、おススメグッズではありませんが、

病院が近くにあるか?
救急車の到着にどれくらいかかるのか?

そこらへんも事前に調べておきましょう。

病院に関しては別の記事にまとめていますので、
そちらも参考にしてみてください^^
⇒スズメバチに刺されたら病院は何科?


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す