浮き輪に穴が開いた場合の修理(修復)法!

海水浴シーズンの夏!浮き輪を使うということも多いはず!
さてと、久しぶりに・・・
って、浮き輪に穴が開いてるよォォォ!

これじゃ溺れてしまうじゃないか!

誰か修理方法教えてよー!

 

ってことで、穴が開いた浮き輪の修理方法を紹介します!

 

穴が開いた浮き輪の修理方法

a0025 000006 300x224 浮き輪に穴が開いた場合の修理(修復)法!

 

 

 

 

 

 

用意するもの
・浮き輪と同じ素材の当て生地
・軟質ビニール用の接着剤
※瞬間接着剤は固まりすぎる場合があるので注意!

 

 

 

そして修理の際の重要なポイント!

・生地は浮き輪と同じ素材を使う
・生地は穴の倍以上に大きくカットする
・貼り付ける場所をキレイにしておく(汚れを取る)
・貼り付けたら24時間以上乾燥させる

以上を守ると穴がしっかりと塞ぎやすくなります。
ちゃんと守ってくださいね^^

 

そして修理なんですけど、
穴の開いた場所が重要になってきます!

継ぎ目なのか、そうでないかの違いです!

 

継ぎ目じゃなければ当て生地を丸く切って、
穴の開いた場所にペタッと貼り付けてください。

 

継ぎ目の場合はかなり厄介です!
下手するとさらに事態を悪化させてしまいます!

諦めることも覚悟していてください。

 

では、継ぎ目の修理方法です^^

穴の内側から生地を継ぎ目に沿って貼り、
グルンと一周したら穴の開いた場所にも生地を貼ります。

そしてそのあと、外側をまたグルンと一周して
外側からも穴を塞ぐように生地を貼ります。

当て生地の幅は15~20mmくらいです。

ただこれ、内側から生地を貼るには、
穴を広げてやる必要があるのでかなり難しいです。

 

っとまぁ、浮き輪の修理方法は以上です!

穴が開いた浮き輪はどうせ使えないので、
修理するときは『ダメでもともと』の気持ちでやるといいかもしれませんね(笑)

 


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す