海の日の由来、意味とは?

国民の祝日の海の日
この日が近づくと夏も本番!って感じがします。
そんな海の日の由来、意味って知ってますか?

 

a1180 008289 300x198 海の日の由来、意味とは?

 

 

 

 

 

 

実は海の日って1995年に制定されたそうですよ。

意外と最近なんだって感じている僕は、
もう若くないってことなのでしょうか(笑)

いやいや、まだまだ、若い若い!

 

で、由来なんですけど、
日本は島国で海に囲まれていますよね。

人の往来や物の移動、外国文化の伝来。

そういったものは昔から、
海を渡って日本に入ってきたんです。

 

つまり、日本は海との関係が深いんですね。

 

その深い関係の海をもっと大事にしようじゃないか!

海をもっと重要視してもいいんじゃね?

 

という意見、国民運動が盛り上がり、

「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」

として海の日が制定されたんですね^^

 

ちなみに今は海の日は7月の第3月曜日で、
3連休になるようになっていますけど、
制定された当初は7月20日が海の日でした。

 

変更されたのは2003年。

公務員の方々は休みが多くなるので嬉しいんでしょうね、きっと(笑)

 

子供の頃は海の日って、
単に夏休みの入り口ぐらいの認識しかなかったけど、
海に対して感謝をするという大切な日だったんですね。

 

あと、祝日化される前は海の日という名前ではなかったそうですよ!

その名も

 

海の記念日

 

この海の記念日の由来なんですけど、
1876年、明治天皇が東北地方を巡幸したそうなんです。

それまでは軍艦を使用していたのに、
明治丸という灯台巡視船を使用したんですね。

で、実は、
明治天皇がこの船に乗ったのはその時が初めてだったらしく、
7月20日に横浜駅に帰着したことを記念して、
海の記念日という風に呼ばれてきたそうです。

 

海の日・・・
海の記念日・・・

正直どっちでもいい感じするけど、
海の恩恵のおかげで今日の日本があるんだな♪

ありがたやありがたや~。

と、感謝する気持ちを忘れないでいたいものです^^


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す