ヨーグルトパックの作り方と効果!デメリットとは!

何やらヨーグルトでパックをすると、
美白・美肌効果が得られるとか・・・
って、ホントかよ、それ!?

うーん、怪しいなぁ・・・
というわけで、作り方と効果、デメリットを紹介します!

 ヨーグルトパックの作り方

MON 7857 199x300 ヨーグルトパックの作り方と効果!デメリットとは!

ヨーグルトパックはいくつか種類があり、
作り方も様々なんですけど基本は全部同じ。

ヨーグルトにプラスαするだけです!

このαの部分を変えればアレンジし放題というわけですね^^

ちなみにプラスαの部分が何かというと、
緑茶の粉末、オリーブオイル、はちみつ、豆乳・・・

 

ま、こんな感じでいろいろあって、
小麦粉をつなぎとして混ぜたりする作り方もあります。

 

では、前置きはこれくらいにして、
ここでは豆乳を使用した作り方を紹介します!

豆乳にはイソフラボンが含まれおり、
こいつがコラーゲンの生成を助けるのだとか^^

作り方は簡単なので、
ぜひ挑戦してみてくださいね~♪

 

材料(1回分)

  • プレーンヨーグルト 大さじ1杯
  • 無調整豆乳 大さじ2杯
  • 小麦粉 小さじ4杯

 

手順

  1. ヨーグルトと豆乳を混ぜる
  2. 1のやつに小麦粉をだまにならないように混ぜる

以上です。

 

なにこれ、超簡単!

ってかこれ、食べれるよね(笑)

あっ、そうそう!
ヨーグルトパックは長期保存は向かないので、
作ったらすぐに使い切ってくださいね!

 

動画でも解説してます。
参考にしてみてください!

 

ヨーグルトパックのやり方とデメリット!

さぁさぁ、出来上がったヨーグルトパック、
そのまま食べることもできると思いますけど、
早速肌に塗ってみましょう!

時間は10~15分程度でオーケー♪

そのあとは水で洗い流します。

 

どうです?
明るいお肌になってきましたか?

ああ、そうですか!
うんうん!

思わず「ぷにぷに」したくなっちゃいますね!

 

っと、ここまではヨーグルトパックのメリットを言ってきましたが、
実はやっぱりデメリットというのがあるんです。

ま、そりゃそうか。

 

以下、デメリットをまとめておきます

ヨーグルトに含まれる乳酸菌がお肌に合わない場合がある
・パック中は臭いがきつい(人による?)
・ヨーグルト好きの人に怒られる可能性がある(笑)

など、こんな感じです。

 

最後のやつはどうでもいいかもしれないですけど、
最初のやつは重要ですね。

いくら美肌・美白効果があるとはいえ、
人によってはお肌の状態は異なります。

合わないと感じたらすぐに使用をやめてくださいね!


sponsored link
sponsored link

ブログランキング参加中です


トレンドニュース ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村
ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事の内容が面白い、役に立ったと感じたら、
バナーを『ポチッ』としていただけると幸いです!

今後とも当ブログをよろしくお願いします^^

コメントを残す